Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL リファレンス » SQL 言語の要素

 

変数

SQL Anywhere では、3 つのレベルの変数をサポートしています。

  • ローカル変数   DECLARE 文を使用して、プロシージャまたはバッチ内の複合文で定義します。これらは、複合文内にのみ指定できます。

  • 接続レベル変数   CREATE VARIABLE 文で定義します。現在の接続に属し、データベース接続を切断するか、または DROP VARIABLE 文を使用すると消去されます。

  • グローバル変数   システム定義の値を保有する、システム定義の変数。グローバル変数の名前は、すべて 2 つのアットマーク (@) で始まります。たとえば、グローバル変数 @@version の値は、データベースサーバの現在のバージョン番号です。ユーザはグローバル変数を定義できません。

ローカル変数と接続レベル変数は、ユーザが宣言します。これらは、プロシージャや SQL 文のバッチで使用され、情報を保持します。グローバル変数は、システム定義の値を指定したシステム定義の変数です。

 参照
 標準と互換性

ローカル変数
接続レベル変数
グローバル変数