Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL リファレンス » ビュー » システムビュー

 

SYSTABLEPERM システムビュー

GRANT 文によってテーブルやビューに対して付与された権限は、SYSTABLEPERM システムビューに格納されます。このビューの各ローは 1 つのテーブル、権限を与えるユーザ ID (grantor)、そして権限を与えられるユーザ ID (grantee) に対応します。このビューの基本となるシステムテーブルは ISYSTABLEPERM です。

カラム名 データ型 説明
stable_id UNSIGNED INT 権限が適用されるテーブルまたはビューのテーブル番号。
grantee UNSIGNED INT 権限を受けるユーザ ID のユーザ番号。
grantor UNSIGNED INT 権限を与えるユーザ ID のユーザ番号。
selectauth CHAR(1) SELECT 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
insertauth CHAR(1) INSERT 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
deleteauth CHAR(1) DELETE 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
updateauth CHAR(1) UPDATE 権限が、テーブル内のすべてのカラムに付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
updatecols CHAR(1) UPDATE 権限が、基本となるテーブル内の一部のカラムだけに付与されたかどうかを示します。updatecols が "Y" であれば、カラムに UPDATE 権限を与える 1 つまたは複数のローが、SYSCOLPERM システムビューにあります。
alterauth CHAR(1) ALTER 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
referenceauth CHAR(1) REFERENCE 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
loadauth CHAR(1) LOAD 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
truncateauth CHAR(1) TRUNCATE 権限が付与されたかどうかを示します。可能な値は Y、N、または G です。これらの値の詳細については、以下の備考部分を参照してください。
 備考
 基本となるシステムテーブルに関する制約
 参照