Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ 空間データサポート » 空間データ

 

空間カラムの作成 (SQL の場合)

空間データをサポートするカラムを追加して、空間データを任意のテーブルに追加できます。

前提条件

そのテーブルの所有者であるか、そのテーブルに対する ALTER 権限を持っているか、または ALTER ANY TABLE または ALTER ANY OBJECT システム権限を持っていることが必要です。

 ♦ 空間カラムの作成 (SQL の場合)
  1. データベースに接続します。

  2. ALTER TABLE 文を実行します。

結果

空間カラムが、既存のテーブルに追加されます。

次の手順

カラムに SRID 制約を課し、空間カラムに保存できる値を制限できます。

次の文は、Location という名前の空間カラムを Customers テーブルに追加します。新しいカラムは空間データ型 ST_Point であり、宣言された 1000004326 (平面空間参照系) という SRID を持ちます。

ALTER TABLE GROUPO.Customers
ADD Location ST_Point(SRID=1000004326);

 参照