Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » テーブル » テーブル変更

 

テーブルの変更

Sybase Central を使用して、データベースのテーブルを変更できます。たとえば、カラムの追加または削除、テーブルの所有者の変更を行うことができます。

前提条件

所有者であるか、または次のいずれかの権限を持っていることが必要です。

  • そのテーブルに対する ALTER 権限に加え、COMMENT ANY OBJECT、CREATE ANY OBJECT、または CREATE ANY TABLE のシステム権限
  • ALTER ANY TABLE システム権限
  • ALTER ANY OBJECT システム権限
  • ALTER ANY OBJECT OWNER 権限 (テーブルの所有者を変更する場合) と ALTER ANY OBJECT システム権限の 1 つ、ALTER ANY TABLE システム権限またはテーブルに対する ALTER 権限

従属マテリアライズドビューがある場合はテーブルの変更は失敗します。あらかじめ従属マテリアライズドビューを無効にしておく必要があります。sa_dependent_views システムプロシージャを使用して、依存しているマテリアライズドビューがあるかどうかを決定します。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 次のオプションのうちの 1 つを選択してください。

    オプション アクション
    カラムの変更
    1. 変更するテーブルをダブルクリックします。

    2. 右ウィンドウ枠で [カラム] タブをクリックして、テーブルのカラムを変更します。

    3. [ファイル] » [保存] をクリックします。

    テーブルの所有者の変更
    • テーブルを右クリックして、[プロパティ] » [今すぐ所有者を変更] をクリックして、テーブルの所有者を変更します。

結果

データベースで、テーブルの定義が更新されます。

次の手順

テーブルを変更するため、マテリアライズドビューを無効にする場合、各マテリアライズドビューを再び有効にし、初期化してください。

 参照