Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » ビュー » 通常のビュー

 

通常のビューの変更

データベースの定義を編集することで、通常のビューを編集します。たとえば、ビューに追加のテーブルのデータを含める場合、ビュー定義を更新して、テーブルデータをビュー定義の既存のデータソースにジョインさせます。

前提条件

そのビューの所有者であるか、または次のいずれかの権限を持っていることが必要です。

  • ALTER ANY VIEW システム権限
  • ALTER ANY OBJECT システム権限

内容と備考

ビュー定義が古い場合(基本となるデータのスキーマ変更によりコンパイルしない)、カラムを追加または削除したり、設定に関連した変更を実行したりしなければならない場合があります。

既存のビューの名前を変更することはできません。代わりに、新しい名前を付けて新しくビューを作成し、以前の定義をそこにコピーしてから、元のビューを削除します。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ビュー] をダブルクリックします。

  3. ビューを選択します。

  4. 右ウィンドウ枠で、[SQL] タブをクリックし、定義のコードを編集します。

    ヒント

    複数のビューを編集する場合は、各ビューを右ウィンドウ枠の [SQL] タブで編集するより、各ビューに対して別のウィンドウを開く方が便利な場合があります。別のウィンドウを開くには、ビューを選択し、[ファイル] » [新しいウィンドウで編集] をクリックします。

  5. [ファイル] » [保存] をクリックします。

結果

データベース内のビューの定義が更新されます。

次の手順

ビューに問い合わせて結果を検証し、正しいデータが返されたか確認します。

通常のビューを変更する場合、ビューに他のビューの依存性が存在するときは、変更後に追加の操作が必要なことがあります。たとえば、ビューの変更後、データベースサーバはそのビューを自動的に再コンパイルして、データベースサーバが使用できるように有効にします。従属した通常のビューが存在する場合、データベースサーバはそれらも無効にしてからもう一度有効にします。有効にできない場合、ステータスは INVALID になるため、通常のビューの定義と従属した通常のビューの定義が一貫性を保つようにする必要があります。通常のビューに従属ビューが存在するかどうかを判断するには、sa_dependent_views システムプロシージャを使用します。

 参照