Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » リモートデータアクセス » リモートサーバ

 

リモートサーバの作成 (Sybase Central の場合)

管理者は、Sybase Central を使用してリモートサーバ定義を作成できます。

前提条件

MANAGE ANY USER と SERVER OPERATOR のシステム権限が必要です。

 ♦ リモートサーバの作成
  1. SQL Anywhere 16 プラグインを使用して、ホストデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[リモートサーバ] をダブルクリックします。

  3. [ファイル] » [新規] » [リモートサーバ] をクリックします。

  4. [新しいリモートサーバの名前を指定してください。] フィールドにリモートサーバの名前を入力し、[次へ] をクリックします。

  5. リモートサーバのタイプを選択して、[次へ]をクリックします。

  6. 接続タイプを選択し、[接続情報を指定してください。] フィールドに次に示す接続情報を入力します。

    • ODBC ベースの接続では、データソース名を指定するか、ODBC Driver パラメータとその他の接続パラメータを指定します。

    • JDBC ベースの接続では、computer-name:port-number の形式で URL を指定します。

    データアクセスメソッド (JDBC か ODBC) は、SQL Anywhere がリモートデータベースへのアクセスに使用するためのものです。Sybase Central が Adaptive Server Anywhere に接続する方法をこれで決めているわけではありません。

    JDBC ベースのリモートサーバアクセスは、現在のリリースではサポートされていません。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. リモートサーバを読み込み専用にするかどうかを指定し、[次へ] をクリックします。

  9. [現在のユーザの外部ログインを作成する] をクリックし、必須フィールドの入力を完成させます。

    デフォルトでは、SQL Anywhere は、現在のユーザに代わってリモートサーバに接続する場合に、常にそのユーザのユーザ ID とパスワードを使用します。ただし、リモートサーバに現在のユーザと同じユーザ ID とパスワードで定義されたユーザがいない場合は、外部ログインを作成する必要があります。外部ログインは、現在のユーザ用に代替ログイン名とパスワードを割り当ててリモートサーバに接続できるようにします。

  10. [接続テスト] をクリックしてリモートサーバ接続をテストします。

  11. [完了] をクリックします。

結果

リモートサーバは、指定された定義で作成されます。

次の手順

必要な場合は、外部ログイン情報を作成します。

 参照