Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート

 

データベースの再構築

データベースの再構築は、データベース全体のアンロードと再ロードを伴うインポートとエクスポートの一種です。再構築 (アンロード/ロード) ツールと抽出ツールを使用して、データベースの再構築、既存のデータベースの一部からの新しいデータベースの作成、未使用のページの排除を行います。

データベースは、Sybase Central や dbunload で再構築できます。

注意

データベースを再構築する場合、特に元のデータベースを再構築したデータベースに置き換える場合は、再構築を実行する前にデータベースのバックアップを作成するようにしてください。

インポートとエクスポートの場合、データの送信先はデータベース内またはデータベース外になります。インポートでは、データはデータベースに読み込まれます。エクスポートでは、データはデータベースから書き出されます。情報を、SQL Anywhere 以外の別のデータベースから受け取ったり、別のデータベースに送信したりすることがよくあります。

暗号化オプション -ek、-ep または -et を指定する場合は、reload.sql ファイルの LOAD TABLE 文に暗号化キーを含めます。ハードコーディングされたキーはセキュリティの低下を招くため、reload.sql ファイルのパラメータには暗号化キーが指定されます。Interactive SQL 内で reload.sql ファイルを実行する際に、パラメータとして暗号化キーを指定してください。READ 文にキーを指定していない場合、Interactive SQL でキーの入力を要求するプロンプトが表示されます。

ロードとアンロードでは、SQL Anywhere のデータベースからデータとスキーマを取り出し、それらを別の SQL Anywhere データベースに入れ直します。アンロードプロシージャでは、データファイルと、テーブルを正確に再作成するために必要なテーブル定義を含む reload.sql ファイルが生成されます。reload.sql スクリプトを実行すると、テーブルが再作成され、そこに元のデータがロードされます。

データベースの再構築には時間がかかる可能性があり、大量のディスク領域が必要になることがあります。また、データベースのアンロードと再ロード中は、そのデータベースを使用できません。このため、明確な目的がないかぎり、運用環境でデータベースを再構築しないでください。

 特定の SQL Anywhere データベースから別の SQL Anywhere データベースへ
 再構築とエクスポート
 レプリケートするデータベースの再構築
 参照

データベースを再構築する理由
アンロードユーティリティを使用したデータベースの再構築に関するヒント
同期やレプリケーションに関連するデータベースの再構築 (コマンドラインの場合)
同期やレプリケーションに関連するデータベースの再構築 (手動の場合)
UNLOAD TABLE 文を使用したデータベースの再構築に関するヒント
テーブルデータのエクスポート
テーブルスキーマのエクスポート
データベースの再ロード
データベース再構築時のダウン時間の最短化