Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » SQL Anywhere のデバッガ » ブレークポイント

 

ブレークポイント条件の編集

ブレークポイントに条件を追加して、特定の条件または回数を満たす場合だけそのブレークポイントで実行を中断するよう、デバッガに指示を出します。プロシージャとトリガについては、SQL 探索条件にします。

前提条件

SA_DEBUG システムロールが必要です。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. [モード] » [デバッグ] をクリックします。

  3. 左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックして、プロシージャを選択します。

  4. [デバッグ] » [ブレークポイント] をクリックします。

  5. 編集するブレークポイントを選択し、[編集] をクリックします。

  6. [条件] リストで、条件をクリックします。たとえば、特定のユーザ ID からの接続にのみ適用するようにブレークポイントを設定するには、次の条件を入力します。

    CURRENT USER='user-name'

    user-name は、ブレークポイントをアクティブにする対象のユーザ ID です。

  7. [OK] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。

結果

条件がブレークポイントに設定されます。