Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » インデックス

 

高度:インデックスの選択性とインデックスファンアウト

「インデックスの選択性」とは、追加データを読み込まないで必要なインデックスエントリを検索するインデックスの機能です。

選択性が低い場合は、インデックスが参照するテーブルページから追加情報を取り出します。このような取り出しは「完全比較」と呼ばれ、インデックスのパフォーマンスを低下させます。

FullCompare プロパティは、発生した完全比較の数を追跡します。また、この統計は Sybase Central パフォーマンスモニタまたは Windows パフォーマンスモニタを使用してモニタできます。

注意

Windows パフォーマンスモニタは、Windows Mobile では使用できません。

さらに、完全比較の数は、統計情報付きのグラフィカルなプランの形式で提供されます。

インデックスは、ツリーのようにいくつかのレベルで編成されています。インデックスの最初のページはルートページと呼ばれ、その次の下位レベルの 1 つ以上のページへと分岐して、さらにそれが分岐して、インデックスの最下位レベルに達します。最下位レベルのインデックスページは、リーフページと呼ばれます。n レベルを持つインデックスの場合、特定のローを探すにはインデックスページを n 回読み込む必要があり、実際のローを含むデータページを 1 回読み込む必要があります。通常、使用頻度の高いインデックスページはキャッシュに格納される傾向があるため、ディスクからの読み込みは n 回よりも少なくて済みます。

「インデックスファンアウト」は、1 ページに格納されるインデックスエントリの数です。ファンアウトが大きなインデックスは、ファンアウトが小さなインデックスよりレベル数が少なくなります。したがって、通常はインデックスファンアウトが大きいほど、インデックスのパフォーマンスが向上します。データベースに適切なページサイズを選択すると、インデックスファンアウトを向上できます。

インデックスレベル数を確認するには、sa_index_levels システムプロシージャを使用します。

 参照