Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » リモートデータアクセス » プロキシテーブル

 

リモートテーブルのカラムのリスト

CREATE EXISTING TABLE 文を実行する前に、リモートテーブルのカラムのリストを取得すると便利な場合があります。sp_remote_columns システムプロシージャは、リモートテーブルにあるカラムのリストとそのデータ型の説明を生成します。sp_remote_columns システムプロシージャの構文は次のとおりです。

CALL sp_remote_columns( @server_name, @table_name [, @table_owner [, @table_qualifier ] ] )

テーブル名、所有者、またはデータベース名を指定すると、カラムのリストはその指定に当てはまるものだけに限定されます。

たとえば、asetest という名前の Adaptive Server Enterprise サーバの production データベースにある sysobjects テーブルのカラムのリストを取得するには、次のように指定します。

CALL sp_remote_columns('asetest, 'sysobjects', null, 'production');
 参照