Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データインポート

 

LOAD TABLE 文を使用したデータのインポート

LOAD TABLE 文は、データベースサーバまたはクライアントコンピュータにあるデータを、テキストフォーマットや ASCII フォーマットで既存のテーブルにインポートするために使用します。

また、LOAD TABLE 文を使用すると、別のテーブルのカラムや値の式 (関数やシステムプロシージャの結果など) からデータをインポートすることもできます。

LOAD TABLE 文はテーブルにローを追加しますが、置き換えることはしません。

LOAD TABLE 文 (WITH ROW LOGGING および WITH CONTENT LOGGING オプションなし) を使用すると、INPUT 文を使用するよりもずっと早くデータをロードできます。

LOAD TABLE 文を使用してロードされたデータに対してはトリガは起動しません。

 マテリアライズドビューに関する考慮事項
 テキストインデックスに関する考慮事項
 データベースリカバリと同期の考慮事項
 データベースのミラーリングの考慮事項
 参照