Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » SQL Anywhere へのデータベース移行

 

データベース移行ウィザードの使用

Sybase Central では、データベース移行ウィザードを使用すると、リモートデータベースに接続するためのリモートサーバ、および (必要に応じて) 現在のユーザをリモートデータベースに接続するための外部ログインを作成できます。

前提条件

事前にリモートサーバを作成しておく必要があります。ターゲットデータベース内にそのテーブルを所有するユーザが必要です。

CREATE PROXY TABLE システム権限と CREATE TABLE システム権限の両方を持っているか、次のシステム権限をすべて持っている必要があります。

  • CREATE ANY TABLE
  • ALTER ANY TABLE
  • DROP ANY TABLE
  • INSERT ANY TABLE
  • SELECT ANY TABLE
  • CREATE ANY INDEX
 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. [ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースの移行] をクリックします。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. 対象のデータベースを選択して [次へ] をクリックします。

  5. リモートデータベースへの接続に使用するリモートサーバを選択し、[次へ] をクリックします。

    リモートサーバ用の外部ログインも作成できます。デフォルトでは、SQL Anywhere は、現在のユーザに代わってリモートサーバに接続する場合に、常にそのユーザのユーザ ID とパスワードを使用します。ただし、リモートサーバに現在のユーザと同じユーザ ID とパスワードで定義されたユーザがいない場合は、外部ログインを作成する必要があります。外部ログインは、現在のユーザ用に代替ログイン名とパスワードを割り当ててリモートサーバに接続できるようにします。

  6. 移行するテーブルを選択し、[次へ] をクリックします。

    システムテーブルは移行できないので、このリストにはシステムテーブルは表示されません。

  7. ターゲットデータベースのテーブルを所有するユーザを選択し、[次へ] をクリックします。

  8. リモートテーブルからデータと外部キーを移行するかどうか、また移行プロセスのために作成されたプロキシテーブルを保持するかどうかを選択し、[次へ] をクリックします。

  9. [完了] をクリックします。

結果

指定されたテーブルが移行されます。

 参照