Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データベースの再構築

 

アンロードユーティリティを使用したデータベースの再構築に関するヒント

アンロードユーティリティ (dbunload) を使用して、データベース全体をカンマ区切りのテキストフォーマットでアンロードし、データベース全体の再作成に必要な SQL スクリプトファイルを作成することもできます。たとえば、SQL Remote 抽出を作成したり、同一または少しだけ修正した構造を持つデータベースを新しく作成するために、これらのファイルを使用できます。

次の場合は、アンロード (dbunload) ユーティリティを使用します。

  • データベースを再構築する場合、またはデータベースからデータを抽出する場合

  • テキストフォーマットでエクスポートする場合

  • 大量のデータをすばやく処理する必要がある場合

  • ファイルフォーマット要件が柔軟な場合

注意

アンロードユーティリティ (dbunload) とデータベースアンロードウィザードは、機能的に同じものです。どちらを使っても同じ結果が得られます。Interactive SQL の SQL OUTPUT 文または SQL UNLOAD 文を使用することによっても、データベースをアンロードできます。

 参照

同期やレプリケーションに関連しないデータベースの再構築