Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データエクスポート

 

OUTPUT 文を使用したクエリ結果のエクスポート

OUTPUT 文を使用して、Interactive SQL のクエリ結果をエクスポートできます。

前提条件

問い合わせるテーブルの所有者であるか、そのテーブルに対する SELECT 権限を持っているか、または SELECT ANY TABLE システム権限を持っていることが必要です。

内容と備考

APPEND 句と VERBOSE 句を組み合わせると、結果とメッセージを両方とも既存のファイルに追加できます。たとえば、OUTPUT TO 'ファイル名' APPEND VERBOSE と入力します。

OUTPUT 文の APPEND 句と VERBOSE 句は、Interactive SQL の以前のバージョンの演算子 >#、>>#、>&、>>& と同じです。これらの演算子を使用してデータをリダイレクトできますが、Interactive SQL 文を使用すると、出力がより正確になり、コードが読み取りやすくなります。

BCP FORMAT 句は、SQL Anywhere と Adaptive Server Enterprise 間でファイルのインポートとエクスポートを実行するために使用します。

 ♦ タスク
  1. Interactive SQL の [SQL 文] ウィンドウ枠にクエリを入力します。

  2. クエリの最後に OUTPUT TO 'ファイル名' と入力します。

    たとえば、Employees テーブル全体をファイル Employees.csv にエクスポートする場合は、次のクエリを入力します。

    SELECT * FROM Employees;
    OUTPUT TO 'C:\\LocalTemp\\Employees.csv';
  3. クエリ結果をエクスポートして、別のファイルに結果を追加するには、APPEND 句を使用します。次に例を示します。

    SELECT * FROM Employees;
    OUTPUT TO 'C:\\LocalTemp\\Employees.csv'
    APPEND;

    クエリ結果をエクスポートして、メッセージをインクルードするには、VERBOSE 句を使用します。次に例を示します。

    SELECT * FROM Employees;
    OUTPUT TO 'C:\\LocalTemp\\Employees.csv' 
    VERBOSE;
  4. [SQL] » [実行] をクリックします。

    エクスポートに成功すると、[メッセージ] タブに、クエリ結果セットのエクスポートに要した時間、エクスポートされたデータのファイル名とパス、書き込まれたローの数が表示されます。エクスポートに失敗した場合は、エクスポートに失敗したことを示すメッセージが表示されます。

結果

クエリ結果は、指定されたロケーションにエクスポートされます。

 参照