Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データエクスポート

 

UNLOAD 文を使用したクエリ結果のエクスポート

UNLOAD 文を使用して、Interactive SQL のクエリ結果をエクスポートできます。

前提条件

変数へのアンロード時には、権限は必要ありません。それ以外の場合、必要な権限は、データベースサーバの -gl オプションによって異なります。

  • -gl オプションが ALL に設定されている場合は、そのテーブルの所有者であるか、そのテーブルに対する SELECT 権限を持っているか、または SELECT ANY TABLE システム権限を持っていることが必要です。

  • -gl オプションが DBA に設定されている場合は、SELECT ANY TABLE システム権限が必要です。

  • -gl オプションが NONE に設定されている場合、UNLOAD は使用できません。

クライアントコンピュータにあるファイルにアンロードする場合

  • WRITE CLIENT FILE 権限が必要です。

  • そのファイルが置かれているディレクトリに対する書き込みパーミッションが必要です。

  • allow_write_client_file データベースオプションが有効になっている必要があります。

  • write_client_file セキュリティ機能が有効になっている必要があります。

内容と備考

BCP FORMAT 句は、SQL Anywhere と Adaptive Server Enterprise 間でファイルのインポートとエクスポートを実行するために使用します。

 ♦ タスク
  • [SQL 文] ウィンドウ枠で、UNLOAD 文を実行します。次に例を示します。

    UNLOAD
    SELECT * FROM Employees
    TO 'C:\\ServerTemp\\Employees.csv';

    エクスポートに成功すると、[メッセージ] タブに、クエリ結果セットのエクスポートに要した時間、エクスポートされたデータのファイル名とパス、書き込まれたローの数が表示されます。エクスポートに失敗した場合は、エクスポートに失敗したことを示すメッセージが表示されます。

    この形式の UNLOAD TABLE 文を使用すると、ファイルパスはデータベースサーバコンピュータに対する相対パスとなります。

結果

クエリ結果は、指定されたロケーションにエクスポートされます。

 参照