Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データベースの再構築

 

テーブルデータのエクスポート

アンロードユーティリティではテーブルデータのみをアンロードできます。

前提条件

問い合わせるテーブルの所有者であるか、そのテーブルに対する SELECT 権限を持っているか、または SELECT ANY TABLE システム権限を持っていることが必要です。

内容と備考

スキーマの再作成と指定したテーブルの再ロードに必要な文は、現在のローカルディレクトリの reload.sql に記述されています。

カンマでテーブル名を区切ると、複数のテーブルをアンロードできます。

 ♦ タスク
  • dbunload コマンドを実行します。その際には -c オプションを使用して接続パラメータを指定し、-t オプションを使用してデータをエクスポートするテーブルを指定し、-ss オプションを使用してカラム統計を表示しないかどうかを指定し、-d オプションを使用してデータのみをアンロードするかどうかを指定します。

    たとえば、Employees テーブルからデータをエクスポートするには、次のコマンドを実行します。

    dbunload -c "DBN=demo;UID=DBA;PWD=sql" -ss -d -t Employees C:\ServerTemp\DataFiles

    reload.sql ファイルはクライアントのカレントディレクトリに書き込まれ、Employees テーブルのデータを再ロードするために必要な LOAD TABLE 文が含まれます。データファイルはサーバディレクトリ C:\ServerTemp\DataFiles に書き込まれます。

結果

指定されたディレクトリにテーブルデータがエクスポートされます。

 参照