Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » 外部キー

 

外部キーの作成 (Sybase Central の場合)

テーブル間に外部キー関係を作成できます。すると、外部キーの関係は制約として機能します。データベースサーバは、子テーブルに挿入した新しいローに対して、外部キーカラムに挿入している値がプライマリテーブルのプライマリキーの値と一致するかどうかを確認します。

前提条件

そのテーブルに対する SELECT 権限または SELECT ANY TABLE システム権限が必要です。

さらに、そのテーブルの所有者であるか、または次のいずれかの権限を持っていることが必要です。

  • そのテーブルに対する ALTER 権限に加え、COMMENT ANY OBJECT、CREATE ANY OBJECT、または CREATE ANY TABLE のシステム権限
  • ALTER ANY TABLE システム権限
  • ALTER ANY OBJECT システム権限

内容と備考

外部テーブルの作成時に外部キーを作成する必要はありません。外部キーは自動的に作成されます。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[テーブル] をダブルクリックします。

  3. 作成するテーブルまたは外部キーを選択します。

  4. 右ウィンドウ枠で、[制約] タブをクリックします。

  5. 外部キーを作成します。

    1. [ファイル] » [新規] » [外部キー] をクリックします。

    2. 外部キー作成ウィザードの指示に従います。

結果

Sybase Central では、テーブルの外部キーは、テーブルが選択されている場合、右ウィンドウ枠内の [制約] タブに表示されます。テーブルが更新され、その外部キー定義がテーブルに含まれます。

次の手順

ウィザードを使用して外部キーを作成するときに、その外部キーのプロパティを設定できます。外部キーを作成した後でプロパティを表示するには、[制約] タブで外部キーを選択し、[ファイル] » [プロパティ] をクリックします。

[参照元制約] タブでテーブルを選択してから [ファイル] » [プロパティ] をクリックすると、参照元外部キーのプロパティを表示できます。

所定のテーブルを参照するテーブルのリストを表示するには、[テーブル] でテーブルを選択し、右ウィンドウ枠で [参照元制約] タブをクリックします。

 参照