Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データベースの再構築

 

データベース再構築時のダウン時間の最短化

バックアップユーティリティやログ変換ユーティリティを使用して、データベースを再構築するときのダウン時間を最小限に抑えることができます。

前提条件

データベースファイルのバックアップコピーを作成してから、データベースを再構築することをおすすめします。

トランザクションログの名前を変更するようなバックアップが他に予定されていないことを確認します。ログの名前が変更されている場合は、名前が変更されたトランザクションログのトランザクションを、再構築されたデータベースに適切な順序で適用してください。

BACKUP DATABASE システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. dbbackup -r を使用し、データベースとログのバックアップを作成してトランザクションログの名前を変更します。

  2. バックアップデータベースを別のコンピュータ上で再構築します。

  3. 運用サーバ上で再度 dbbackup -r を実行してトランザクションログの名前を変更してください。

  4. トランザクションログに対して dbtran ユーティリティを実行し、再構築したデータベースにトランザクションを適用します。

  5. 運用サーバを停止し、データベースとトランザクションログをコピーします。

  6. 再構築したデータベースを運用サーバにコピーします。

  7. 手順 5 のトランザクションログに対して dbtran を実行します。

  8. 再構築されたデータベースをパーソナルサーバ (dbeng16) で開始し、ユーザが接続できないことを確認します。

  9. 手順 8 のトランザクションを適用します。

  10. データベースサーバを停止し、データベースをネットワークサーバ (dbsrv16) で開始して、ユーザが接続できるようにします。

結果

データベースを再構築するときのダウン時間が最小限に抑えられます。

 参照