Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » インデックス

 

高度:SQL Anywhere がインデックスを使用するその他の方法

SQL Anywhere はインデックスを使用してその他のパフォーマンスを高めています。インデックスを使用すると、SQL Anywhere はカラムの一意性を強化し、ロックするローとページの数を減らし、述部の選択性を適切に推定できます。

  • カラム一意性の強化   インデックスがないと、SQL Anywhere は、値が挿入されるたびにテーブル全体をスキャンし、その値がユニークであることを確認する必要があります。このため、SQL Anywhere は一意性制約付きで各カラムのインデックスを自動的に作成します。

  • ロックの減少   インデックスによって、挿入、更新、削除中にロックされるローとページの数が減少します。これは、インデックスがテーブルに適用する順序付けによるものです。

  • 選択性の推定   インデックスは順序付けされているため、オプティマイザはインデックスの上位レベルをスキャンすることで、特定のクエリを満たす値のパーセンテージを推定できます。このアクションは、部分インデックススキャンと呼ばれます。

 参照