Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

診断トレーシング条件

次の表は、設定可能な診断トレーシング「条件」を示します。条件は、特定の診断トレーシングタイプのトレーシングデータが記録されるために満たす必要がある条件です。次の表に示すように、ほとんどの条件には値が必要です。条件は、dbo.sa_diagnostic_tracing_level 診断テーブルの trace_condition カラムに格納されます。対応する値 (ミリ秒単位の時間) が value カラムに格納されていることがあります。条件カラムの値は、データベーストレーシングウィザードで指定される設定を反映しています。

trace_condition カラムの値 説明
NONE または NULL

レベルとスコープの条件を満たすトレーシングデータをすべて記録します。この条件を高コストの診断トレーシングレベル (たとえばプラン) と同時に長時間使用することはおすすめしません。

SAMPLE_EVERY

最後のイベントが記録されてから指定された間隔以上の時間が経過した場合に、レベルとスコープの要件を満たすトレーシングデータを記録します。

値:この条件には、時間をミリ秒単位で表した正の整数を指定します。

ABSOLUTE_COST

実行コストが指定する値以上である文を記録します。

値:この条件には、ミリ秒単位のコスト値を指定します。

RELATIVE_COST_DIFFERENCE

予想実行時間と実際の実行時間の差が、指定する値以上である文を記録します。

値:この条件には、パーセント単位のコスト値を指定します。たとえば、予想よりも 2 倍以上低速の文をログに取るには、値 200 を指定します。

 参照