Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

診断トレーシングの設定

Sybase Central のアプリケーションプロファイリングウィザードでは、事前に設定されたトレーシングの設定を変更できません。ただし、データベーストレーシングウィザードを使用すると、トレーシングアクティビティのほとんどの側面を設定できます。次のいずれかの方法により、診断トレーシングを設定します。

  • Sybase Central のデータベーストレーシングウィザードを使用する。この方法では有効なトレーシングの設定がすべて表示されるので、この方法をおすすめします。

  • システムプロシージャを使用して診断トレーシングテーブルに格納されている設定を変更する。

トレーシングの設定は、sa_diagnostic_tracing_level システムテーブルに格納されます。

SendingTracingTo と ReceivingTracingFrom の各データベースプロパティは、それぞれトレーシングデータベースと運用データベースを指定します。

 参照