Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

トレーシングセッション中の診断トレーシングの設定の変更

Sybase Central では、トレーシングセッションが進行中の間、新しいトレーシングレベルを追加したり、既存のトレーシングレベルを削除することができます。

前提条件

トレーシングセッションを開始するには、トレーシングデータベースと運用データベースが稼働しているデータベースサーバで TCP/IP が実行されている必要があります。

DIAGNOSTICS システムロールに加え、MANAGE PROFILING、SERVER OPERATOR、SELECT ANY TABLE のシステム権限が必要です。

内容と備考

注意

トレーシングセッションの実行中は診断トレーシングの設定を変更しないことをおすすめします。データの解釈が困難になるからです。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠でデータベースを右クリックし、[トレーシング] » [トレーシング レベルの変更] をクリックします。

  3. 新しいトレーシングレベルを追加するか、既存のトレーシングレベルを削除します。

  4. [OK] をクリックします。

結果

トレーシング設定が変更されます。

 参照