Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » アプリケーションプロファイリング

 

プロシージャプロファイリングの有効化

プロシージャプロファイリングを有効にすると、この機能を無効にするか、データベースサーバが停止されるまで、データベースサーバはプロファイリング情報を収集できます。

前提条件

パーソナルサーバ (dbeng) ではなく、ネットワークサーバ (dbsrv) が稼動している必要があります。

DIAGNOSTICS システムロールに加え、MANAGE PROFILING、SERVER OPERATOR、SELECT ANY TABLE のシステム権限が必要です。

内容と備考

注意

データベースサーバが停止すると、プロファイリング情報はすべて削除されます。プロファイリング情報をエクスポートするには、sa_procedure_profile システムプロシージャを使用します。

SQL 文を使用して、データベースサーバが保持するプロファイリング情報を問い合わせることはできません。プロファイリング情報は、メモリ内データベースサーバのデータ構造に保管されます。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠でデータベースを選択します。

  3. [モード] » [アプリケーションプロファイリング] をクリックします。

    アプリケーションプロファイリングウィザードが表示されない場合は、[アプリケーションプロファイリング] » [アプリケーションプロファイリングウィザードを開く] をクリックします。

  4. アプリケーションプロファイリングウィザードの指示に従います。

    [プロファイリングオプション] ページで [ストアドプロシージャ、ファンクション、トリガ、またはイベントの実行時間] をクリックします。

    別のモードに切り替えると、プロシージャプロファイリング情報の収集を停止するかどうかを確認するメッセージが表示されます。[いいえ] をクリックすると、プロファイリングを続けながら他のモードで作業ができます。

結果

プロシージャプロファイリングは有効になり、データベースサーバはプロシージャプロファイリング情報を収集します。

 参照