Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » ストアドプロシージャ、トリガ、バッチ、ユーザ定義関数 » ユーザ定義関数

 

ユーザ定義関数実行機能の付与 (SQL の場合)

EXECUTE オブジェクトレベル権限を付与して、ユーザ定義関数を実行する機能を付与します。

前提条件

ユーザ定義関数の所有者であるか、またはその関数の EXECUTE 権限に対する管理権限を持っていることが必要です。

ユーザ定義関数の所有権はその関数の作成者に属しており、そのユーザが関数を実行する場合には権限は必要ありません。

内容と備考

関数を作成して、他のユーザがその関数を実行できるようにします。

 ♦ タスク
  1. データベースに接続します。

  2. 次のような GRANT EXECUTE 文を実行します。

    GRANT EXECUTE ON function-name TO user-id;

結果

被付与者がプロシージャを実行できるようになりました。

次の手順

なし。

たとえば、Nationality 関数の作成者が別のユーザに Nationality の使用許可を与える文は、次のようになります。

GRANT EXECUTE ON Nationality TO BobS;

 参照