Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » ストアドプロシージャ、トリガ、バッチ、ユーザ定義関数 » プロシージャ

 

プロシージャの削除 (Sybase Central の場合)

Sybase Central を使用して、たとえば、必要なくなったときに、データベースからプロシージャを削除できます。

前提条件

そのプロシージャの所有者であるか、または次のいずれかのシステム権限を持っていることが必要です。

  • DROP ANY PROCEDURE
  • DROP ANY OBJECT
 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックします。

  3. プロシージャを右クリックして、[削除] をクリックします。

  4. [はい] をクリックします。

結果

プロシージャがデータベースから削除されます。

次の手順

従属データベースオブジェクトの場合は、その定義を変更して削除されたプロシージャへの参照を削除する必要があります。

 参照