Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » ストアドプロシージャ、トリガ、バッチ、ユーザ定義関数 » 結果セット

 

プロシージャからの結果セットで返される情報

プロシージャは、個別のパラメータとして呼び出しを行った環境に結果を返すだけでなく、結果セットとして情報を返すこともできます。通常、結果セットになるのはクエリの結果です。

RESULT 句の変数の数は、SELECT 文のリスト内の変数の数に一致しなければなりません。データ型が一致しない場合は、可能であれば自動的にデータ型の変換が行われます。

RESULT 句は CREATE PROCEDURE 文の一部であり、文デリミタは付きません。

SELECT 文のリスト内の変数の名前は、RESULT 句の変数の名前と一致する必要はありません。

ビューでプロシージャの結果セットを変更するには、基本となるテーブルに対する適切な権限がユーザに必要です。

ストアドプロシージャまたはユーザ定義関数が結果を返す場合、出力パラメータや戻り値もサポートされません。

デフォルトでは Interactive SQL は最初の結果セットのみを返します。Interactive SQL でプロシージャが結果の複数のローを返せるようにするには、[オプション] ウィンドウの [結果] タブで [複数の結果セットを表示] オプションを設定します。

 例 1
 例 2