Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » クエリとデータ修正 » クエリ

 

高度:クエリ実行プラン

実行プランは、データベースサーバがデータベース内の文に関連する情報にアクセスするために使用するステップのセットです。最適化されたばかりかどうか、オプティマイザをバイパスしたかどうか、プランが以前の実行からキャッシュされたかどうかなどに関係なく、文の実行プランの保存と確認が可能です。クエリの実行プランは、元の文で使用される構文と正確に対応するとはかぎりません。クエリで明示的に指定したベーステーブルの代わりにマテリアライズドビューを使用する場合があります。ただし、実行プランに記述された操作は、セマンティック上は元のクエリと同等です。

Interactive SQL 内で、または SQL 関数を使用することによって、実行プランを表示できます。実行プランを取り出すときに、次のようなフォーマットを選択できます。

クエリ実行プランのテキスト表示には、短いプランと長いプランの 2 種類があります。SQL 関数を使用して、テキストプランにアクセスできます。プランには、グラフィカルなバージョンもあります。GRAPHICAL_PLAN と EXPLANATION の各関数を使用し、特定のカーソルタイプに基づいて SQL クエリのプランを取得することもできます。

SQL Anywhere クエリ処理の詳細については、ホワイトペーパー『Query Processing Based on SQL Anywhere 12.0.1 Architecture』 ([external link] http://www.sybase.com/detail?id=1096047) を参照してください。

 参照
 参照

短いテキストプラン
長いテキストプラン
短いテキストプランの表示 (SQL の場合)
長いテキストプランの表示 (SQL の場合)
グラフィカルなプラン
実行プランのコンポーネント