Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » リモートデータアクセス

 

リモートサーバ

リモートオブジェクトをローカルのプロキシテーブルにマッピングするには、リモートオブジェクトが置かれるリモートサーバを、あらかじめ定義しておきます。リモートサーバを定義するときは、サーバのクラスを選択します。

「サーバクラス」は、リモートサーバとの対話に使用するアクセス方法を指定します。異なるタイプのリモートサーバには、異なるアクセス方法が必要です。SQL Anywhere は、サーバ機能に関する詳細情報をそのサーバクラスから得ます。SQL Anywhere はこれらの情報に基づいて、リモートサーバとのアクセスを調整します。

サーバのクラスは次のとおりです。

  • SAODBC   SQL Anywhere

  • ULODBC   UltraLite

    注意

    Mac OS X 上で実行している Ultra Light データベースには、リモートサーバを作成できません。

  • ADSODBC   Advantage Database Server

  • ASEODBC   Sybase Adaptive Server Enterprise (バージョン 10 以降)

  • DB2ODBC   IBM DB2

  • HANAODBC   SAP HANA

  • IQODBC   SAP Sybase IQ

  • MSACCESSODBC   Microsoft Access

  • MSSODBC   Microsoft SQL Server

  • MYSQLODBC   Oracle MySQL

  • ODBC   その他の ODBC データソース

  • ORAODBC   Oracle Database サーバ (バージョン 8.0 以降)

注意

リモートデータアクセスを使用する際に、Unicode をサポートしていない ODBC ドライバを使用すると、その ODBC ドライバから受け取るデータに対して、文字セット変換が実行されません。

リモートサーバを定義すると、ISYSSERVER システムテーブルにエントリが追加されます。

 参照

リモートサーバの作成 (SQL の場合)
リモートサーバの作成 (Sybase Central の場合)
リモートサーバの削除 (SQL の場合)
リモートサーバの削除 (Sybase Central の場合)
リモートサーバの変更 (SQL の場合)
リモートサーバの変更 (Sybase Central の場合)
リモートサーバ上のテーブルのリスト (SQL の場合)
リモートサーバの機能