Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » SQL Anywhere のデバッガ » ブレークポイント

 

ブレークポイントの設定

管理者は、Sybase Central にブレークポイントを設定できます。ブレークポイントは、指定した行で実行を中断するようデバッガに指示します。デフォルトでは、ブレークポイントはすべての接続に適用されます。

前提条件

SA_DEBUG システムロールが必要です。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. [モード] » [デバッグ] をクリックします。

  3. [デバッグするユーザを指定してください] フィールドに * を入力してすべてのユーザをデバッグするか、デバッグ対象となるデータベースユーザの名前を入力します。

    オプション アクション
    Sybase Central 右ウィンドウ枠
    1. 左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックして、プロシージャを選択します。

    2. 右ウィンドウ枠で、ブレークポイントを挿入する行をクリックします。

      クリックした行にカーソルが表示されます。

    3. [F9] キーを押します。

      コード行の左側に赤い円が表示されます。

    [デバッグ] メニュー
    1. [デバッグ] » [ブレークポイント] をクリックします。

    2. [新規] をクリックします。

    3. [プロシージャ] リストからプロシージャを選択します。

    4. 必要に応じて、[条件] フィールドと [カウント] フィールドにも入力します。

      条件とは、ブレークポイントが処理を中断するために TRUE に評価されなければならない SQL 式です。

      カウントとは、実行が停止するまでの、ブレークポイントのヒット数です。0 を指定した場合、そのブレークポイントで常に実行が停止されます。

    5. [OK] をクリックします。ブレークポイントが、プロシージャ内の最初の実行可能な文に設定されます。

結果

ブレークポイントが設定されます。

特定のユーザによって作成された接続に適用されるブレークポイントを設定できます。それには、次のような条件を入力します。

CURRENT USER = 'user-name'