Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » トランザクションと独立性レベル » トランザクションのブロックとデッドロック » トランザクションのブロック » デッドロック

 

Sybase Central からデッドロックの表示

log_deadlocks オプションが ON に設定されているため、データベースで発生したデッドロックの図を表示することもできます。

前提条件

MONITOR と SET ANY SYSTEM OPTION のシステム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. Sybase Central の左ウィンドウ枠でデータベースを選択し、[ファイル]  » [オプション] をクリックします。

  3. log_deadlocks オプションをオンにします。

    1. [オプション] リストで log_deadlocks をクリックします。

    2. [値] フィールドで On をクリックします。

    3. [恒久的な設定を行う] をクリックします。

    4. [閉じる] をクリックします。

  4. 右ウィンドウ枠で、[デッドロック] タブをクリックします。

結果

発生したデッドロックを示すデッドロック図が表示されます。デッドロック図の各ノードは接続を表し、デッドロックが発生した接続の詳細、ユーザ名、デッドロックの発生時に接続が実行しようとした SQL 文が示されます。デッドロックには、接続デッドロックとスレッドデッドロックの 2 種類があります。接続デッドロックの特徴として、ノードの循環依存性があります。スレッドデッドロックは、循環依存性で接続されていないノードによって示され、ノード数は、データベースのスレッド上限値に 1 を足した数になります。

次の手順

アプリケーションプロファイリングを使用して、デッドロックの原因を診断できます。

 参照