Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » SQL Anywhere のデバッガ » チュートリアル:デバッガの使用開始

 

レッスン 1:デバッガの起動とバグの検査

デバッガを起動して debugger_tutorial ストアドプロシージャを実行し、バグを検査します。

前提条件

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:デバッガの使用開始

 ♦ タスク
  1. このチュートリアルで使用するサンプルデータベースのコピーを作成します。

    1. データベースを保持するディレクトリ (c:\demodb など) を作成します。

    2. 次のコマンドを実行して、データベースを作成します。

      newdemo c:\demodb\demo.db
  2. Sybase Central を起動します。[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  3. Sybase Central で、次のように demo.db に接続します。

    1. [接続] » [SQL Anywhere 16 に接続] をクリックします。

    2. [接続] ウィンドウで、データベースに接続するための情報を以下のフィールドに入力します。

      1. [ユーザ ID] フィールドに、DBA と入力します。

      2. [パスワード] フィールドに、sql と入力します。

      3. [アクション] ドロップダウンリストで、[このコンピュータのデータベースを起動して接続] をクリックします。

      4. [データベースファイル] フィールドに、c:\demodb\demo.db と入力します。

      5. [サーバ名] フィールドに、demo_server と入力します。

    3. [接続] をクリックします。

  4. [モード] » [デバッグ] をクリックします。

  5. [デバッグするユーザを指定してください] フィールドに * と入力し、[OK] をクリックします。

    Sybase Central の最下部に [デバッガの詳細] ウィンドウ枠が表示され、Sybase Central のツールバーには一連のデバッガツールが表示されます。

    * を指定すると、すべてのユーザをデバッグできます。デバッグ対象のユーザを変更するには、いったんデバッグモードを終了して再びデバッグモードに入ります。ユーザ ID を入力すると、そのユーザ ID を使用した接続に関する情報が取得され、[接続] タブに表示されます。

    [デバッガの詳細] ウィンドウ枠。
  6. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックします。

  7. [debugger_tutorial (GROUPO)] を右クリックし、[Interactive SQL から実行] をクリックします。

    Interactive SQL が開き、次の結果セットが表示されます。

    top_company top_value
    (NULL) (NULL)

    この結果セットは間違っています。チュートリアルの続きで、この結果をもたらしたエラーを診断します。

  8. [Interactive SQL] ウィンドウが開いている場合は閉じます。

結果

デバッガが起動して、debugger_tutorial ストアドプロシージャでバグが検出されます。

次の手順

レッスン 2:バグの診断に進みます。

 参照