Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » トランザクションと独立性レベル » 独立性レベルと一貫性

 

独立性レベルの設定方法

データベースへの各接続は独自の独立性レベルを持ちます。さらに、データベースはユーザやユーザ拡張ロールごとにデフォルトの独立性レベルを保存できます。isolation_level データベースオプションで PUBLIC を設定すると、デフォルトの独立性レベルを設定できます。

テーブルヒントを使用して独立性レベルを設定することもできますが、これは個別の文に独立性レベルを設定する高度な機能です。

接続の独立性レベルや、ユーザ ID に設定されたデフォルトのレベルは、SET OPTION 文を使用して変更できます。他のユーザまたはグループの独立性レベルを変更することができます。

 デフォルトの独立性レベル
 例
 参照