Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » アプリケーションプロファイリングのチュートリアル » チュートリアル:インデックスの断片化の診断

 

レッスン 1:アプリケーションプロファイリングウィザードを使用した、インデックスの断片化の検査と修正

アプリケーションプロファイリングウィザードを使用して、インデックスの断片化を識別および修正します。運用データベースに断片化がないか定期的にチェックしてください。

前提条件

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:インデックスの断片化の診断

このチュートリアルは、テストデータベース app_profiling.db が作成されていることを前提としています。チュートリアル:アプリケーションプロファイリングのチュートリアル用のテストデータベースの作成を参照してください。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central を起動します。[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. Sybase Central で、次のように app_profiling.db に接続します。

    1. [接続] » [SQL Anywhere 16 に接続] をクリックします。

    2. [接続] ウィンドウで、テストデータベース app_profiling.db に接続するための情報を以下のフィールドに入力します。

      1. [ユーザ ID] フィールドに、DBA と入力します。

      2. [パスワード] フィールドに、sql と入力します。

      3. [アクション] ドロップダウンリストで、[このコンピュータのデータベースを起動して接続] をクリックします。

      4. [データベースファイル] フィールドに、C:\AppProfilingTutorial\app_profiling.db と入力します。

      5. [開始行] フィールドに、dbeng16 -x tcpip と入力します。

    3. [接続] をクリックします。

  3. [モード] » [アプリケーションプロファイリング] をクリックします。

    アプリケーションプロファイリングウィザードが表示されない場合は、[アプリケーションプロファイリング] » [アプリケーションプロファイリングウィザードを開く] をクリックします。

  4. 次のようにアプリケーションプロファイリングウィザードを起動します。

    1. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

    2. [プロファイリングオプション] ページで、[データベーススキーマに基づく全体的なデータベースパフォーマンス] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    3. [分析ファイル] ページの [次のファイルに分析を保存] フィールドに、C:\AppProfilingTutorial\analysis と入力します。

    4. [完了] をクリックします。

    [アプリケーションプロファイリングの詳細] ウィンドウ枠に推奨リストが表示されます。

  5. [断片化されたインデックス] が表示されていたら、それをダブルクリックします。[推奨] ウィンドウが開き、SQL 文が表示されます。この SQL 文を実行するとインデックスの断片化を解決できます。

  6. Sybase Central を閉じます。

結果

アプリケーションプロファイリングウィザードを使用して、インデックスの断片化が識別され、修正されました。

 参照