Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » アプリケーションプロファイリングのチュートリアル » チュートリアル:テーブルの断片化の診断

 

レッスン 2:Interactive SQL 文を使用したテーブルの断片化の識別と修正

Interactive SQL を使用して、テーブルの断片化を識別および修正します。運用データベースに断片化がないか定期的にチェックしてください。

前提条件

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:テーブルの断片化の診断

このチュートリアルは、テストデータベース app_profiling.db が作成されていることを前提としています。チュートリアル:アプリケーションプロファイリングのチュートリアル用のテストデータベースの作成を参照してください。

ほかに app_profiling.db への接続がないことを確認します。

 ♦ タスク
  1. Interactive SQL を起動します。[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Interactive SQL] をクリックします。

  2. [接続] ウィンドウで、テストデータベース app_profiling.db に接続するための情報を以下のフィールドに入力します。

    1. [ユーザ ID] フィールドに、DBA と入力します。

    2. [パスワード] フィールドに、sql と入力します。

    3. [アクション] ドロップダウンリストで、[このコンピュータのデータベースを起動して接続] をクリックします。

    4. [データベースファイル] フィールドに、C:\AppProfilingTutorial\app_profiling.db と入力します。

    5. [開始行] フィールドに、dbeng16 -x tcpip と入力します。

  3. [接続] をクリックします。

  4. Interactive SQL で、次の SQL 文を実行して、Employees テーブルの断片化をテストします。

    CALL sa_table_fragmentation( 'Employees' );

    segs_per_row (ローごとのセグメント数) カラムの値が 1.1 よりも多い場合は、テーブルの断片化が存在します。断片化の程度が高いほど、パフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

  5. Interactive SQL で、次の REORGANIZE TABLE 文を実行して、テーブルの断片化を減少させます。

    REORGANIZE TABLE Employees;
  6. Interactive SQL を閉じます。

結果

Interactive SQL を使用してテーブルの断片化が診断されました。

 参照