Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » アプリケーションプロファイリングのチュートリアル

 

チュートリアル:プロシージャプロファイリングをベースラインとして使用

アプリケーションプロファイリングウィザードを使用して、パフォーマンスを向上する際の比較の目的で使用できるベースラインを作成します。

プロシージャプロファイリングでは、プロシージャ、ユーザ定義関数、イベント、システム、システムトリガ、トリガの実行時間の測定値が収集されます。保存された結果をベースラインとして設定し、プロシージャを段階的に変更して、変更後にプロシージャを実行できます。新しい結果をベースラインと比較して、変更が目的どおり機能しているかどうかを確認できます。

 権限
 参照

レッスン 1:baseline プロシージャの作成
レッスン 2:baseline プロシージャに対する更新されたプロシージャの実行
レッスン 3:プロシージャプロファイリングの結果の比較