Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » LDAP ユーザ認証 » LDAP ユーザ認証環境の作成 (Sybase Central の場合)

 

LDAP サーバに認証されるユーザの作成

Sybase Central を使用して、LDAP サーバに認証されるユーザを作成します。

前提条件

MANAGE ANY USER システム権限が必要です。

内容と備考

LDAP サーバに認証されるユーザがデータベースに特定される必要があります。次に示す応答は、デモンストレーションのみを目的としたものです。適切な同等の応答を指定してください。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で [ユーザ] を右クリックし、[新規] » [ユーザ] をクリックします。

  3. 新しいユーザの名前 (ldap_user01 など) を入力して、[次へ] をクリックします。

  4. [このユーザにパスワードを割り当てる] が選択されていないことを確認します。

  5. [ログインポリシー] の項目で、ログインポリシーを選択します (ldap_policy_both など)。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. (省略可) コメントを追加します。[次へ] をクリックします。

  8. ユーザを作成するために実行される SQL が表示されます。[完了] をクリックします。

結果

LDAP サーバを使用して認証されるデータベースユーザが作成されます。LDAP サーバを使用できない場合は標準認証が行われます。

次の手順

ユーザ ID と LDAP パスワードを使用してデータベースに接続します。

 参照