Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » データのインポートとエクスポート » データベースの再構築 » アンロードユーティリティを使用したデータベースの再構築に関するヒント

 

同期やレプリケーションに関連しないデータベースの再構築

アンロードユーティリティ (dbunload) を使用すると、データベースをアンロードして新規データベースに再構築したり、既存のデータベースに再ロードしたり、既存のデータベースを置き換えたりすることができます。

前提条件

同期やレプリケーションに関連しないデータベースの場合にのみ、次の手順を使用してください。

SELECT ANY TABLE および SERVER OPERATOR システム権限が必要です。

内容と備考

-an オプションと -ar オプションは、パーソナルサーバへの接続、または共有メモリ経由によるネットワークサーバへの接続にのみ適用されます。-ar や -an オプションを指定すると、Sybase Central でデータベースアンロードウィザードを使用した場合より高速で処理できますが、-ac を指定すると処理はデータベースアンロードウィザードよりも遅くなります。

dbunload には他にもオプションがあり、実行中のデータベースまたは実行されていないデータベースを指定したり、データベースパラメータを指定することもできます。

 ♦ タスク
  1. 次のいずれかのオプションを指定してアンロードユーティリティ (dbunload) を実行します。

    処理 使用するオプション
    新規データベースへの再構築 -an
    dbunload -c "DBF=demo.db;UID=DBA;PWD=sql" -an DemoBackup.db
    既存のデータベースへの再ロード -ac
    dbunload -c "DBF=demo.db;UID=DBA;PWD=sql" -ac "UID=DBA;PWD=sql;DBF=mynewdemo.db"
    既存のデータベースの置換 -ar
    dbunload -c "DBF=demo.db;UID=DBA;PWD=sql" -ar

    これらのオプションの 1 つを使用した場合、ディスク上にデータの中間コピーが作成されないため、コマンドラインではアンロードディレクトリを指定する必要なありません。このため、データのセキュリティが向上します。

  2. 再ロードしたデータベースを使用する前に、データベースを停止し、トランザクションログを圧縮します。

結果

データベースは、指定されたロケーションにアンロードされます。

 参照