Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンス向上のヒント » ヒント:断片化の削減

 

オブジェクトの断片化の詳細の表示

Sybase Central の [断片化] タブから、オブジェクトの断片化情報を表示できます。

前提条件

CHECKPOINT システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠でデータベースを選択します。右ウィンドウ枠で、[断片化] タブをクリックします。

  3. 上部ウィンドウ枠からオブジェクトを選択します。下部ウィンドウ枠の DB 領域マップに断片化情報が表示されます。

    • ベーステーブルを選択すると、下部ウィンドウ枠の DB 領域マップにテーブル、テーブルの拡張ページ、該当するインデックスページが表示されます。

    • インデックスを選択すると、下部ウィンドウの DB 領域マップにインデックスページが表示されます。

    データベースの [断片化] タブ。
  4. [チェックポイントと再表示] をクリックして、チェックポイントを実行し、最新の断片化情報を確認します。

  5. ページインデックスを表示します。

    • 下部ウィンドウの DB 領域マップで、カーソルを色付きの縦線の上に置き、その位置の最初と最後のページを確認します。

    • DB 領域マップで、[Ctrl] キーを押したままマウスポインタを色付きの縦線の上に置き、その位置のすべてのページインデックスを確認します。

結果

指定されたオブジェクトの断片化の詳細が、下部のウィンドウ枠の dbspace マップに表示されます。