Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス

 

マテリアライズドビュー

「マテリアライズドビュー」とは、ベーステーブルとよく似ていて、参照先のベーステーブルから結果セットが事前に計算されてディスクに格納されるビューです。概念としては、マテリアライズドビューはビューでもあり (カタログに格納されたクエリ指定がある)、テーブルでもあります (永続的な実体化したローがある)。したがって、テーブルで実行する多くの操作は、マテリアライズドビューでも実行できます。たとえば、マテリアライズドビューに対して、インデックスを構築できます。

マテリアライズドビューを作成すると、データベースサーバが定義を検証して正しく準拠していることを確認します。すべてのカラムとテーブルの参照はデータベースサーバによって完全に修飾されるため、ビューにアクセスするすべてのユーザが同一の定義を確認できます。マテリアライズドビューの作成に成功したら、データを設定します。データの設定は、ビューの「初期化」とも呼ばれます。

マテリアライズドビューは、Sybase Central の [ビュー] フォルダにリストされます。

 参照

マテリアライズドビューを使用したパフォーマンスの向上
マテリアライズドビューの作成
マテリアライズドビューの初期化
マテリアライズドビューの手動再表示
マテリアライズドビューの有効化または無効化
マテリアライズドビュー定義を隠す
マテリアライズドビューの削除
マテリアライズドビューの暗号化または復号化
オプティマイザによるマテリアライズドビューの使用の有効化または無効化
高度:カタログ内のマテリアライズドビュー情報の表示
高度:マテリアライズドビューの再表示タイプの変更
高度:マテリアライズドビューのステータスとプロパティ
高度:マテリアライズドビューに対するデータの古さの制御の設定