Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » マテリアライズドビュー

 

マテリアライズドビューの作成

マテリアライズドビューを作成して、頻繁に実行されるために大量のデータで繰り返し集約やジョイン操作が発生するクエリから、データを保存します。マテリアライズドビューを使用すると、ディスクに保管されるビュー形式のコストの高い操作を事前に計算することで、パフォーマンスを向上させることができます。

前提条件

自分が所有するマテリアライズドビューを作成する場合は、基礎となるすべてのテーブルに対する SELECT 権限とともに、CREATE MATERIALIZED VIEW システム権限を持っていることが必要です。

他者が所有するマテリアライズドビューを作成する場合は、基礎となるすべてのテーブルに対する SELECT 権限とともに、CREATE ANY MATERIALIZED VIEW または CREATE ANY OBJECT のシステム権限を持っていることが必要です。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で [ビュー] を右クリックし、[新規] » [マテリアライズドビュー] をクリックします。

  3. マテリアライズドビュー作成ウィザードの指示に従います。

結果

初期化されていないマテリアライズドビューが、データベースに作成されます。まだデータはありません。

次の手順

マテリアライズドビューを初期化して、データを取り込んでから使用する必要があります。

 参照