Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » マテリアライズドビュー

 

マテリアライズドビューの初期化

マテリアライズドビューを初期化してデータを取り込み、データベースサーバから使用できるようにします。マテリアライズドビューを初期化するには、マテリアライズドビューの再表示と同じ手順に従います。

前提条件

そのマテリアライズドビューの所有者であるか、そのマテリアライズドビューに対する INSERT 権限を持っているか、または INSERT ANY TABLE 権限を持っていることが必要です。

マテリアライズドビューを作成、初期化、または再表示する前に、マテリアライズドビューの制限をすべて満たしていることを確認してください。

内容と備考

データベースの sa_refresh_materialized_views システムプロシージャを使用することで、すべての初期化されていないマテリアライズドビューを 1 回で初期化できます。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ビュー] をダブルクリックします。

  3. マテリアライズドビューを右クリックして、[データの再表示] をクリックします。

  4. 独立性レベルを選択して、[OK]をクリックします。

結果

マテリアライズドビューにデータが取り込まれ、データベースサーバから使用できるようになります。これで、マテリアライズドビューに問い合わせできます。

次の手順

マテリアライズドビューに問い合わせして、希望のデータを戻すか確認します。

初期化(再表示)に失敗した場合、マテリアライズドビューは未初期化状態に戻ります。初期化に失敗した場合、マテリアライズドビューの定義を確認して、指定された基本テーブルとカラムが有効で、データベースで使用できるオブジェクトであることを確認します。

 参照