Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link クライアントの概要 » Mobile Link クライアント

 

SQL Anywhere クライアント

SQL Anywhere データベースを Mobile Link クライアントとして使用するには、データベースに同期オブジェクトを追加します。追加する必要があるオブジェクトは、パブリケーション、Mobile Link ユーザ、パブリケーションをユーザに結び付けるサブスクリプションです。 次の項を参照してください。

同期は、Dbmlsync API、SQL SYNCHRONIZE 文、または dbmlsync コマンドラインユーティリティを使用して開始できます。ほとんどの同期では、データベーストランザクションログから読み込まれたデータを使用しますが、スクリプト化されたアップロードの同期とダウンロード専用のパブリケーションの同期ではトランザクションログファイルは必要ありません。

同期の開始を参照してください。

SQL Anywhere クライアントの詳細については、SQL Anywhere クライアントを参照してください。

dbmlsync コマンドラインオプションの詳細については、Mobile Link SQL Anywhere クライアントユーティリティ (dbmlsync)を参照してください。

同期のカスタマイズの詳細については、dbmlsync の同期のカスタマイズを参照してください。