Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link クライアントの概要 » Mobile Link ユーザ » リモート ID

 

スクリプトでのリモート ID と Mobile Link ユーザ名

Mobile Link ユーザ名はユーザを識別し、認証に使用されます。リモート ID は Mobile Link リモートデータベースをユニークに識別します。

多くの同期スクリプトでは、リモートデータベースの識別にオプションでリモート ID (名前付きパラメータ s.remote_id) または Mobile Link ユーザ名 (s.remote_id) を使用できます。リモート ID を使用するといくつかの利点があります (特に Ultra Light の場合)。

リモートデータベースと Mobile Link ユーザが 1 対 1 の関係になるように配備する場合は、リモート ID を無視できます。この場合、Mobile Link イベントスクリプトでは、username パラメータを参照できます。このパラメータは、認証に使用する Mobile Link ユーザ名です。

Mobile Link ユーザが別のデータベースでデータを同期し、各リモートデータベースのデータが同じ場合は、同期スクリプトは、Mobile Link ユーザ名を参照できます。Mobile Link ユーザが別のデータベースで別のデータセットを同期する場合は、同期スクリプトは、リモート ID を参照する必要があります。

Mobile Link サーバはリモート ID によって同期の進行状況を追跡するため、Ultra Light データベースでは、前回のアップロード状態が不明な場合でも、異なるユーザによって同じデータベースを同期できます。この場合、別のユーザごとのローの一部は失われてダウンロードされることがない可能性があるため、タイムスタンプベースのダウンロードスクリプトでは Mobile Link ユーザ名は参照できなくなります。これを防ぐには、同じリモートデータベースを使用して、統合データベースのテーブルを各ユーザのローにマッピングする必要があります。現在の同期に対するリモート ID に基づいたテーブルのマッピングと統合テーブルのジョインによって、すべてのユーザのすべてのデータを確実にダウンロードできます。

別のスクリプトバージョンを使用して、異なるデータを別のリモートデータベースに同期することもできます。

 参照