Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link クライアントの概要 » リモート Mobile Link クライアントでのスキーマの変更

 

配備された SQL Anywhere リモートデータベースのパブリッシュ済みのテーブルの変更

配備された SQL Anywhere リモートデータベース内のテーブル定義は変更できます。

前提条件

そのパブリケーションの所有者であるか、または次のいずれかの権限を持っていることが必要です。

  • パブリケーションでの ALTER 権限
  • SYS_REPLICATION_ADMIN_ROLE システムロール

内容と備考

Mobile Link クライアントが新しいスキーマで同期する場合、upload_update や download_cursor などのスクリプトが必要です。これらのスクリプトには、リモートテーブルの全カラム用のパラメータがあります。古いリモートデータベースの場合は、元のカラムだけを保持するスクリプトが必要です。

 ♦ タスク
  1. 統合データベースで、新しいスクリプトバージョンを作成します。

  2. 新しいスクリプトバージョンには、古いスクリプトバージョンで同期された変更対象のテーブルを含むパブリケーションのすべてのテーブルに対してスクリプトを作成します。

  3. リモートデータベースで、古いスクリプトバージョンを使用して通常の同期を実行します。同期処理が正常に実行されたことを確認してから、次の処理を続行してください。

  4. リモートデータベースで、ALTER PUBLICATION 文を使用して、テーブルをパブリケーションから一時的に削除します。次に例を示します。

    ALTER PUBLICATION your_pub
      DROP TABLE table_name; 

    この文は、sp_hook_dbmlsync_schema_upgrade フックの内部で使用できます。

  5. リモートデータベースで、ALTER TABLE 文を使用してテーブルを変更します。

  6. リモートデータベースで、ALTER PUBLICATION 文を使用して、テーブルをパブリケーションに戻します。

    この文は、sp_hook_dbmlsync_schema_upgrade フックの内部で使用できます。

  7. 新しいスクリプトバージョンを使用して同期します。

結果

パブリッシュ済みのテーブルが変更されます。

 参照