Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link クライアントの概要 » リモート Mobile Link クライアントでのスキーマの変更

 

Ultra Light リモートデータベースのスキーマのアップグレード

既存のアプリケーションで DDL を実行することで、Ultra Light リモートデータベースのスキーマを変更できます。

  • 新しいデータベースで新しいアプリケーションを配備する場合は、Mobile Link サーバとの同期を行って Ultra Light データベースにデータを再移植する必要があります。

  • データベースをアップグレードする DDL を含む新しいアプリケーションを配備する場合、データは保持されます。

  • 既存のアプリケーションが、一般的な方法で DDL 文を受信できる場合は、DDL をデータベースに適用することができ、データは保持されます。

全ユーザが同時にアプリケーションを新しいバージョンにアップグレードすることは、通常、現実的ではありません。したがって、新旧 2 つのバージョンを使用できるようにして、単一の統合データベースとこれらを同期する必要があります。2 種類以上の同期スクリプトを作成し、それらを統合データベースに格納して、Mobile Link サーバの動作を制御できます。次に、使用するアプリケーションのバージョンごとに、同期の開始時に正しいバージョン名を指定することによって、適切な同期スクリプトのセットを選択できます。

Ultra Light DDL の詳細については、Ultra Light SQL 文を参照してください。

 参照