Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期スクリプトの作成 » スクリプトの追加と削除

 

スクリプトの直接挿入

ストアドプロシージャまたは Sybase Central を使用してスクリプトをシステムテーブルに挿入することをおすすめします。ただし、INSERT 文を使用してスクリプトを直接挿入することが必要な場合もあります。たとえば、一部の RDBMS のバージョンでは、長さの制限があって、ストアドプロシージャを使用するのが難しい場合があります。

Mobile Link システムテーブルの詳細については、Mobile Link サーバのシステムテーブルを参照してください。

スクリプトを直接挿入するのに必要な INSERT 文のフォーマットは、ストアドプロシージャ ml_add_connection_script と ml_add_table_script のソースコードにあります。これらのストアドプロシージャのソースコードは、Mobile Link 設定スクリプトにあります。サポートされている各 RDBMS 用に個別の設定スクリプトがあります。設定スクリプトはすべて %SQLANY16%\MobiLink\Setup にあります。ファイル名は次のとおりです。

統合データベース 設定ファイル
Adaptive Server Enterprise syncase.sql
IBM DB2 LUW syncdb2.sql
Microsoft SQL Server syncmss.sql
MySQL syncmys.sql
Oracle syncora.sql
SQL Anywhere syncsa.sql