Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ管理 » Mobile Link サーバテクノロジ » Mobile Link ファイルベースのダウンロード » 検証チェック

 

Mobile Link の世代番号

世代番号とは、リモートデータベースがデータをアップロードしてからダウンロードファイルを適用するようにするためのメカニズムです。これは、統合データベースで問題が発生したためにデータが失われ、そのデータをリモートデータベースからリカバリする必要があるときに、特に役立ちます。

リモートデータベースでは、各サブスクリプションに対して別々の世代番号が自動的に管理されています。統合データベースでは、各サブスクリプションの世代番号は begin_publication スクリプトによって決定されます。リモートデータベースが正常にアップロードを行うたびに、リモートデータベースの世代番号は統合データベースの begin_publication スクリプトによって設定された値で更新されます。

ダウンロードファイルが作成されるたびに、begin_publication スクリプトによって設定された世代番号がダウンロードファイルに格納されます。リモートサイトは、ダウンロードファイルの世代番号がリモートデータベースに格納されている世代番号と同じ場合にのみ、ダウンロードファイルを適用します。

注意

begin_publication スクリプトによってファイルベースのダウンロード用に生成された世代番号が変更された場合、リモートデータベースは正常なアップロードを実行してから、新しいダウンロードファイルを適用する必要があります。

sp_hook_dbmlsync_validate_download_file ストアドプロシージャを使用すると、デフォルトで行われる世代番号のチェックを無効にすることができます。

Mobile Link の世代番号の管理については、次の項を参照してください。