Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期スクリプトの作成 » スクリプトのパラメータ

 

認証パラメータ

Mobile Link スクリプトでは、名前付きパラメータを使用して認証パラメータを指定できます。名前付きパラメータを使用する場合は、認証パラメータには、{ml a.1} のように先頭に文字 a のプレフィクスを付ける必要があります。パラメータは 1 から始まり、上限が 255 の数値です。各パラメータの最大値は 4000 バイトです。値は Mobile Link クライアントから送信されます。

authenticate_* スクリプトで使用すると、認証パラメータによって認証情報が渡されます。

認証パラメータは他のすべてのイベント (begin_connection と end_connection を除く) で Mobile Link クライアントからの情報を渡すために使用できます。この方法は、通常ならテーブルにローをアップロードする必要があるような処理を行うのに便利です。認証パラメータを使用すると、テーブルのアップロードイベントの前に値を使用できます。

SQL Anywhere リモートでは、dbmlsync -ap オプションを指定して情報を渡します。Ultra Light リモートでは、auth_parms と num_auth_parms を指定して情報を渡します。

 参照
 例