Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ管理 » Mobile Link サーバテクノロジ » リモートデータベースの集中管理 » Mobile Link エージェント

 

エージェントの認証

エージェントデータベースを同期するとき、エージェントは Mobile Link 同期クライアントとして動作します。エージェントをサポートする同期スクリプトでは、ml_ra_agent_16 スクリプトバージョンが使用されます。エージェント同期スクリプトは、統合データベース用に Mobile Link を設定したときに自動的にインストールされます。ただし、エージェントに対して認証スクリプトは提供されません。 統合データベースの設定を参照してください。

セキュアシステムにするには、少なくとも次のいずれかが定義されている必要があります。

このことは、次の方法で実行できます。

  • ml_add_connection_script ストアドプロシージャを呼び出す。次に例を示します。

    ml_add_connection_script( 'ml_ra_agent_16', 'authenticate_user', '<DEFINE YOUR AUTHENTICATION LOGIC>' ) 
  • Sybase Central で [接続文字列] を使用する。ml_ra_agent_16 スクリプトバージョンまたは ml_global を使用できます。一般的に、アプリケーションデータの同期とエージェントには、どちらにも同じ認証を使用します。ml_global を使用することによって、両方に使用できる認証セットを 1 つ定義するのみとなります。認証には、この方法をおすすめします。 ml_global スクリプトバージョンを参照してください。