Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » Mobile Link サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期スクリプトの作成 » スクリプトバージョン

 

統合データベースへのスクリプトバージョンの追加

スクリプトバージョンは、スクリプトセットを識別します。Sybase Central で作業している場合、統合データベースにスクリプトバージョン名を追加してから、接続スクリプトを追加してください。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

システムプロシージャを使ってスクリプトを追加する場合には、新しいスクリプトバージョン名を指定すると、そのバージョン名がスクリプトによって自動的に追加されます。

Sybase Central では、同期モデルごとに 1 つのスクリプトバージョンだけが使用可能で、デフォルトで同期モデルと同じ名前が付けられます。

同期しないでスキーマの変更を実行する場合は、SQL 構文を使用してスクリプトバージョンを同期サブスクリプションに追加する必要があります。

システムプロシージャを使用して、接続スクリプトまたはテーブルスクリプトを追加するのと同じ操作でスクリプトバージョンを追加できます。 スクリプトを追加または削除するためのシステムプロシージャを参照してください。

スクリプトバージョンを参照してください。

 ♦ タスク
  1. [ビュー] メニューから [フォルダ] をクリックします。

  2. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、Mobile Link プロジェクト名を展開し、使用する統合データベースを展開します。統合データベースをプロジェクトに追加するときに入力した接続情報に基づいて、統合データベースに接続されます。

  3. [バージョン] フォルダをクリックし、[ファイル] » [新規] » [バージョン] をクリックします。

  4. スクリプトバージョン作成ウィザードの指示に従います。

結果

スクリプトバージョンが作成されます。